【映画公開情報】レッドタートル、この世界の片隅に、聲の形

役立ち情報、まとめ記事

映画大好きな私。
日本では子連れで行ける映画上映会とかよく行ってました。

タイでも日本映画がよく公開されてます。
しかもたいてい日本で興行収入が良かった作品 = 良作、話題作ばっかり!
ほぼハズレなしって、いいですね?。

1月2月3月と、私が見たかった映画が続々とバンコクで公開されるので楽しみ!!
待ちきれないので記事にまとめてみました!

※タイで公開日が後ろ倒しになるのはよくあること。公開日が延期になっても まぁ、気長に待ちましょう。笑

参考:【タイで映画を観る方法】手順、コツまとめ
https://kyon-thai.com/archives/7196584.html

レッドタートル (The Red Turtle)

IMG_2918

タイでは1/26? 公開中
http://www.majorcineplex.com/movie/the-red-turtle
スタジオジブリ最新作。同社としては初となる海外作家の映画製作に参加し、高畑勲監督がシナリオや絵コンテ作りなどに関わっています。
第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門で特別賞を受賞。
無声映画という古くて新しい試みが話題になっています。

あらすじ↓
嵐で荒れ狂う海に放り出された男が、九死に一生を得て無人島に漂着する。男は島からの脱出を試みるが、不思議な力で何度も島に引き戻されてしまう。そんな絶望的な状況の中、男の前にひとりの女が現れ…。

予告動画↓

この世界の片隅に (in this corner of the world)

IMG_2916

タイでは2/23?公開予定
http://www.majorcineplex.com/movie/in-this-corner-of-the-world

第13回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞を受賞した同名コミックのアニメ映画化作品。
のんさん(能年玲奈さん)が主人公すず役でアニメ映画の声優初挑戦を果たしたことや、制作資金やプロモーション費用の一部をクラウドファンディングで調達したことでも知られていますね。

あらすじ↓
昭和19年、故郷の広島市江波から呉に嫁いできた すずは、戦争によって様々なものが欠乏する中、毎日の食卓を作るために工夫を凝らしていた。しかし戦争が進むにつれ、すずの身近なものも次々と失われていく。それでもなお前を向いて日々の営みを続けるすずだったが…。

予告動画↓

*追記。大ヒット御礼で “すずさんのありがとう”動画が制作されたそうです。
片渕須直監督監修のもと、のんさんが新たに録り下ろした主人公すずさんの声で、全国各地のみなさまへ“ありがとう”の気持ちを伝える約1分半のムービー。
観ててなんだか私も嬉しくなっちゃいました。

聲の形 (A Silent Voice)

IMG_2917

タイでは3/23?公開予定
http://www.majorcineplex.com/movie/a-silent-voice

「週刊少年マガジン」に連載され、「このマンガがすごい!」や「マンガ大賞」などで高い評価を受けた漫画のアニメーション映画化作品。
読切漫画が掲載されて話題になった頃から気になってた作品です。 ずっと見たかった!

あらすじ↓
ガキ大将の少年・石田将也は、転校生の少女・西宮硝子へ好奇心を抱くが、硝子との間に起こったある出来事をきっかけに将也は周囲から孤立してしまう。それから5年。心を閉ざして生き高校生になった将也は、硝子と再会する。

予告動画↓

公開日等変更されたら随時更新します!

タイ関連のブログランキング、応援ポチッとお願いします

駐在妻ランキングへ

タイ(海外生活・情報)ランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外駐在妻へ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村

コメント