中華街の飲茶カフェ。Lhong Tou Cafe(ロントウカフェ)@ヤワラート

食・中華、ベトナム、アジア

タイの中華街ヤワラートに、おしゃれなカフェがあると聞いて行ってきました!

Lhong Tou Cafe(ロントウカフェ)ってどんなお店?

タイの中華街ヤワラートにあるおしゃれな飲茶カフェです。2018年5月にオープンして以来大人気で、インスタ等でもよく見かけます。お粥や飲茶といったメニューだけでなく店内の構造が面白く、ロフト席が話題になっています。

スクンビット・ソイ31にあるステーキ専門店「Meat Bar 31」のシェフがレシピを考案しているそうで、味も見た目の楽しさも期待できると話題です。ちなみに店名の「ロントウ」とは「竜の頭」の意味だそう。

行き方、場所

場所はMRTフアランポーン駅からだと徒歩10分程度。今回私達は車で近くまで行きました。(駐車場はないので要注意)

Google Mapはこちら。

Lhong Tou Cafeの入口にあるネオンの看板が目印です。

店内の様子

店内はあまり広くありませんが、デザインがおしゃれ!

私達が行ったのは平日早めの時間でしたが、ランチ時間帯は満席でした。土日はかなり待つこともあるそうです!朝8時から営業してますので、早朝~11時くらいまでの早めの来店がオススメです。

これが話題のロフト席!下の階の天井が、そのまま上の席になっているという省エネ構造です。

上の席には小さなハシゴ(写真の左右に写ってるやつ)を使って上ります。ちょっとコワイ(笑)

2階席からの眺め。けっこう高いです。

同行したママ達の感想は「これ、子連れだったらアウトだよね(笑)」。
いやほんと! うちのヤンチャ坊主を連れて行ったら、たぶんすぐに飛び降りようとしておちおちランチどころじゃありません(笑)
店員さんは器用にお盆をもったまま半分くらい登ってサーブしてました。

どんなメニューがあるの?

メニューはお粥と飲茶が中心です。

Chinese breakfast set 129バーツ(=約446円)

これが人気のお粥セット。1人分ですがおかずが盛りだくさん! お粥だけ追加しておかずをシェアすることもできます(1つ10バーツ)。

お粥はタイのジョークよりも粒がしっかり残ってるタイプです。身体に優しそうな素朴な味わい。おかずを乗せることでいろんな味を楽しめます。

他にも飲茶をいろいろ頼みました。

Egg Lava Bun 29バーツ(=約100円)

“ Lava ” とは溶岩のこと。カリカリに揚げられたお饅頭を割ると、中からあまじょっぱい卵がとろーり。他の飲茶がしょっぱい系なので、アクセントになって良かった。

Lhong Tou Shumai (海老シュウマイ) 69バーツ(=約238円)

Dragon Shrimp Bomb(揚げ海老シュウマイ)29バーツ(=約100円)

ワンタンスープ 59バーツ(=約204円)

どれも素朴な味わいで、それでいて海老はぷりぷりだったりして、かなりおいしい~!!
お茶もいろんな種類がありました。
8 Flowers tea 180バーツ(=約622円)
食器がかわいいのも見ていて楽しいです。
テーブルに乗り切らないほど盛りだくさん!

これだけたくさん頼んで4人でトータル690バーツ。1人170バーツちょっと(600円弱)とお手頃価格でした。

ちなみに今回は注文しませんでしたが、コーヒーは豆からちゃんと挽いて淹れてるし、スイーツもなかなか美味しそうでした。次回はお茶の利用もしてみたい!

まとめ

インスタ等で話題になるお店は、正直なところ、行ってみるとガッカリしちゃうクオリティであることも時々あります。ここLhong Tou Cafeももしかしてそうかなー? と行く前はちょっと思ってたんですが(失礼!)、しっかりクオリティの高いお店でした!

料理はどれもハズレなくて美味しくて、食器もかわいい。ロフト席という話題性だけではない実力派で、かなり気に入ってしまいました♪
こんど友だちが旅行に来たら案内しようかな。帰りにヤワラート散策するのもいいですね。
ちなみにこの日のヤワラート、今年のキンジェー(菜食週間)は終了したはずなのにまだ黄色い旗がそこかしこにありました。異国情緒漂う街でお散歩がてら、再訪してみたいカフェでした!

店舗情報

Lhong Tou Cafe(ロントウカフェ)

住所: 538 Yaowarat Rd, Khwaeng Samphanthawong, Khet Samphanthawong, Krung Thep Maha Nakhon 10100
営業時間: 8:00~10:00
定休日: なし
公式ホームページはこちら
公式Instagramはこちら
公式Facebookはこちら
Google Mapはこちら

コメント