タイ土産に迷ったらマンゴーの宅配がおすすめ! 申込み方法・金額まとめ (PR)

マンゴー宅配サービス セール、買い物

10月はしばらく日本に一時帰国していたのですが、在住4年目ともなるとタイ土産のネタは出し尽くした感があります。特に今回は義実家(夫の実家)にも立ち寄ったので、お土産を何にしようか、けっこう迷いました。
最終的には「宅配マンゴー」にしたんですが、親戚から大好評! 私たち夫婦としても大満足だったので改めて紹介してみます。
マンゴー宅配サービス

タイ土産にマンゴーがおすすめな理由

今回は久しぶりに夫の実家に行くこともあり、こんな条件でタイ土産を探してました。

男女年齢問わない

親戚に会うときはけっこうコレが大事! タイのお土産(特にお菓子や雑貨)はクセがある場合もあるので、高齢者や子どもなど幅広い年齢層に喜んでもらえるお土産を探してました。
うちの親戚はみんなマンゴー大好きだったのでかなり喜んでもらえて、その場でいくつか切って食べましたが味もおいしくて大好評でした。

日本ではあまり見かけない or 高価

せっかく持ち帰っても日本で簡単に手に入るものだと価値が半減してしまいます。宮崎産マンゴー等もありますが高級品。日本ではなかなか気軽に食べられるものではないので、マンゴーはタイ土産として持ち帰る価値があります。

見栄えする、安すぎない(かといって高すぎない)

久しぶりに会う親戚もいたので、「安くて数多くバラまけるお土産」というよりも「見栄えのするちょっといいお土産」を探してました。選ぶ商品によりますが、3千円~1万円台で数家族分というのは我が家としては妥当なお値段でした。

数家族で分けられる

10個のマンゴーが届いたので、計4家族で十分わけられました。小分けの袋は別途用意する必要はありますが、切り分ける必要なく丸ごと持って帰ってもらえるのが良かったです。

持ち運びが楽

我が家の場合、子連れだし、羽田空港から地方へ乗り換える必要もあり、ともかく荷物も手間も減らしたい!という状況。その点、今回頼んだ宅配マンゴーは日本の自宅まで配達してもらえるので、家で待っていれば届きます。預け入れ荷物の重さ(許容重量)を圧迫しない!持ち歩く手間がない!という点がすごく助かりました。

注意:生のフルーツをそのまま持ち帰るのは法律違反!

「マンゴーなんてタイの街中で売ってるんだから、それを持ち帰ればいいんじゃない?」と思ったそこのあなた。私も最初はそう思ってました…。
実は、タイの街中で売っているマンゴー(に限らずすべての生のフルーツ)は、植物検疫の問題で持ち帰りすることは法律で禁じられています。
ちなみに、空港の免税店でもフレッシュマンゴーを販売していますが、これは日本国内への持ち込みはできません! ご存知でしたか? 何度も来タイしてても意外と知らない方が多く、マンゴーを持って帰ろうとして税関で没収された…という話もときどき聞きます。(というか、没収されるものを空港で売らないでー!とも思いますが…!)
なので、日本へタイ産マンゴーを持ち帰るには宅配サービスを利用(もしくは蒸熱処理、検査済のものを空港で受け渡し)する必要があります。
※2019年11月現在、受託荷物として持ち帰れるマンゴーは JALUX ASIAのみで取り扱っています。

マンゴーの価格、種類

今回は私が頼んだのはJALUX ASIA(ジャルックスアジア)のマンゴー。持ち帰り方法・価格は全部で4種類あります。
※2019年11月現在の価格です。1バーツ=3.59円換算
※マンゴーの種類は基本的にナームドクマイ種です。(7~8月などは収穫状況により、他種の取り扱いの場合もあるそうです)

1.日本宅配サービス ※日本国内送料込み

  • 5キロ箱(10個~16個入り):3,150バーツ(約11,297円)
  • 3キロ箱(6個~9個入り):2,350バーツ(約8,428円)

2.JALおみやげ(お持ち帰り)

  • 5キロ箱(10個~16個入り):1,400バーツ(約5,021円)
  • 3キロ箱(6個~9個入り):1,100バーツ(約3,945円)

まず送り方が2種類あって「1.日本宅配サービス」は日本の指定住所まで送ってくれます。私は今回こちらの5kgを頼みました。タイから日本へ荷物を送ると送料だけでもかなりするので、送料込みでこの値段なのはけっこうお得です。
そして値段的にもっとお得なのが「2.JALおみやげ」。JAL(日本航空)利用者の限定ですが、注文するとスワンナプーム空港JALチェックインカウンターに用意してもらえるので、スーツケースと一緒に受託荷物として日本まで預け、日本の空港で受け取ることができます。
※日本到着後に植物検疫カウンターへ立ち寄り、検疫を受ける必要があります(検疫は数分で終了するそうです)

  • 荷物を少なくしたい人、手間をかけたくない人 → 宅配サービス
  • JAL便で帰る人、少しでも安くしたい人 → JALおみやげ

という感じで用途にあわせて選ぶのがオススメです!

申込み方法

申し込み方法は3種類あります。時間や場所を選ばず簡単なのが 1.ウェブサイト での申込みでしょうか。あとはエンポリやフジスーパーに行ったついでに申し込めるのも便利です!

1.ウェブサイト

JALUX ASIAのこちら↓のホームページから申し込みができます。クレジットカード、PayPal、銀行振込(タイ国内銀行口座)などが利用できます。
※ちなみにウェブサイトから会員登録して注文すると初回100バーツ割引の特典があります!
またJALのマイレージバンク(JMB)をお持ちの方は、注文時にJALマイレージ会員番号を入力すると購入金額に応じてマイルが付与されます。

523 Origin Unreachable

2.JALUX コーナー小売店

エンポリアムデパートの4階にJALUXのコーナーがあります。グルメマーケットと同じフロア、ROYCE’やMary’s Chocolate と同じカウンターなので、見かけたことがある方も多いのではないでしょうか?
JALUX ASIAのカウンター

3.その他 代理店(4社)

エンポリの他、下記の各店舗でも申し込みができます。

  • フジスーパー各店舗
  • クラブタイランド各店舗
  • 東急デパート(1 階外商カウンター)
  • ボイスホビークラブ

エンポリアム4階JALUXのコーナーや代理店の場合、専用の申込み用紙(チラシ)にその場で記入、お支払いすれば手続き完了です。

JALUXASIAのマンゴーのチラシ

たしかに、エンポリの4階とかフジスーパーのサービスカウンターとかで、このマンゴーのチラシよく見かけるー!
JALUXASIA宅配マンゴー

いつ頃届くの?

宅配サービスの場合、配送スケジュールがだいたい決まってます。

  • 隔週にて日曜日〆切 → 締め切り日同週の木曜か金曜にお届け(4月や12月など時期によっては毎週のこともあります)

配送スケジュールはJALUX ASIA SHOPのホームぺージや店頭チラシでも確認できます。希望の日時が埋まってしまうこともあるので、なるべく早めの申し込みが吉です!
今回は、義実家に行く前の週に届くよう手配しました。マンゴーは追熟が必要な果物なので、数日経って私たちが着いた頃にちょうど食べごろになってよかったです!

届いたのはこちら!

義理の母から「届いたよ~」と送ってもらった写真がこちら。
JALUXASIA宅配マンゴー
段ボールの中に10個もマンゴーが!! かなり圧巻です。「こんなに送ってもらってありがとう!」と義父母にも喜んでもらえました。
数日後、実際に手に取ったマンゴーはこんな感じ。

かなり大きくて、ずっしり。実の詰まった重みを感じます。しばらく冷やしておいて切って、まずちょこっと味見。すっごく甘くておいしいーー!! とろとろ完熟でジューシーです。
私はもともとマンゴー大好きなのでよく食べるんですが、ここのマンゴーは特にさわやかな甘さが特徴。酸味と甘みがバランスよくて、ひっかかる筋もなく、つるんと上品な食感です。

※あわてて切ったので写真が残ってなくて、ここだけイメージ写真です。すみません!

切り分けてお皿に出したら親戚一同から「おいしい!」「こんなにたくさん!」と喜んでもらえました。特に日本だとマンゴー=高級フルーツの印象があるので、親戚など特別なお土産としてあげるのにぴったりですね♪ おじいちゃんおばあちゃんから3歳の姪っ子まで喜んで食べてもらえてよかったです!

まとめ

特別なタイ土産としておすすめなマンゴー。「宅配サービス」と「JALおみやげ」の2種類があるので、

  • 荷物を少なくしたい人、手間をかけたくない人 → 宅配サービス
  • JAL便で帰る人、少しでも安くしたい人 → JALおみやげ

という感じがオススメです。また日本に一時帰国する時にリピート利用したいと思います!