ホテルニッコーバンコクのレストランまとめ(カルディ、シェシバタ、さぶ、いし本、Aimm) (PR)

タイ料理

トンロー駅すぐ近くにオープンした Hotel Nikko Bangkok (ホテルニッコーバンコク)。日本人には「日航ホテル」といった方が馴染みがあるかもしれません。
ホテル日航バンコクの2〜3階部分にオープンしたコミュニティモール “ Ginza Thonglor (銀座トンロー) ” にはカフェや日本食、タイ料理など飲食店が多数あるのでまとめてご紹介します。ランチやお茶、ディナーや会食にも使い勝手が良くておすすめです!

行き方、場所、地図

ホテル日航バンコクはトンロー駅から徒歩3分の所にあります。Google Mapはこちら。

行き方は、まずBTSトンロー駅の3番出口方向を出たらトンロー大通り(スクンビットソイ55)の左側(奇数側)を北上します。マンゴー屋さん(メーワリー)やドラッグストア Boots 等を通り過ぎ、3分ほどで左手にホテル日航バンコクが見えてきます。
ホテルニッコーバンコク外観
1階エントランス付近はソファが多く、待ち合わせ等でゆったり過ごせる雰囲気です。


左手のエスカレーターで1つ上がると2階。この2~3階部分が “ Ginza Thonglor (銀座トンロー) ” という、飲食店が多数入ったコミュニティモールです。

Ginza Thonglor 館内案内図(2~3階)

ギンザトンローの館内を簡単にご紹介します。まず、2階には Café Kaldi (カフェカルディ)、仕立て屋の Fiorenzo (フィオレンツォ)、マッサージの Let’s Relax (レッツリラックス)等が入ってます。

そして3階にはカフェ、日本食、タイ料理を始め13店舗が軒を連ねています。まだオープンしていない店舗もあるので、これからもっと増えるようです!
ギンザトンロー館内図ここからは詳しく、各店舗をご紹介していきます。

Café Kaldi (カフェカルディ)

Café Kaldi (カフェカルディ)ってどんなお店?

エスカレーターで2階に上がるとすぐ右手にあるのがカフェ・カルディです。
カフェカルディ
カルディといえば、東京の世田谷区で1970年代に創業し、海外の珍しい輸入食材やこだわりのコーヒーを買えるお店として有名です。私もよく地元のカルディでパスタとかコーヒー豆とか買ってました!店頭で試飲させてくれるコーヒーが美味しくて、店内の雰囲気が宝探しするみたいで楽しいんですよー。懐かしいなぁ。
タイでは “ Café Kaldi (カフェカルディ)” の名前でコーヒーショップとして展開していて、タイ国内にはMBK、JJモール、ラチャダー、ホテルニッコーと全4店舗あります。

どんなメニューがあるの?

カフェカルディでは持ち帰りはもちろん、店内でイートインもできます。
カフェカルディのメニュー
サイズはMとLがあります。店員さんのイチオシのドリンクがこちら!

写真右:アイス黒糖ロイヤルミルクティM 85バーツ(約300円)
写真左:アイス黒糖抹茶ラテM 95バーツ(約336円)

アイス黒糖ロイヤルミルクティは茶葉がいい香り! アールグレイの紅茶とミルク、そして黒糖も入っています。
アイス黒糖抹茶ラテは1杯1杯きちんと抹茶を点ててから淹れているそうで、抹茶の旨味と黒糖の甘さを楽しめました。黒糖も程よい甘さで日本人が好きそうな味。
抹茶のメニューはタイ人に特に人気が高く、以前サイアムパラゴンでイベントに出店した時は1日で10万バーツくらい売り上げたそう!(すごい!)

左奥:アイス黒糖カフェラテM 90バーツ(約318円) 右奥:ホットカフェラテM 80バーツ(約283円) 手前:ガトーショコラ 95バーツ(約336円)

アイス黒糖ラテ、今回の中では私が特に好きな味です。すっきりとしたアイスカフェラテに黒糖の甘さがマッチしています。
そして安定のラテローン。しっかりビターなエスプレッソとふんわりあたたかいミルクフォームがほっとする味。マグカップがカルディらしい柄でかわいらしいですね。
そしてチェリーソースを使ったガトーショコラ。ケーキは他にもスフレチーズケーキやベークドチーズケーキなど、どれも日本人シェフが作っているそうです。

店内ではコーヒー豆や紅茶などの販売もしてます。私は以前プロンポンのフジスーパー1号店の近くにあったカルディでコーヒー豆を買ってたんですが、閉店してしまい残念に思ってました。今度からはギンザトンロー店に豆を買いに行こう!

アイスコーヒー等ドリンクに使用しているのは右手の「プレミアムダーク」というコーヒー豆。ビター感が強く酸味が少なく、すっきりとした味わいです。

このバタフライピーとか、今度日本のお土産に買おうかな。

バタフライピー紅茶 10個入り60バーツ(約212円)

Café Kaldi 店舗情報

場所: ホテルニッコーバンコク内ギンザトンロー2階
営業時間: 10:00〜20:00
定休日: なし
公式ホームページはこちら
Google Mapはこちら

Chez Shibata 365 (シェ・シバタ)

Chez Shibata 365 (シェ・シバタ)ってどんなお店?

3階に上がったエスカレーター付近にあるのが Chez Shibata 365 (シェ・シバタ サームホックハー)。名古屋の有名なパティスリーです。日本では名古屋に3店舗、岐阜県多治見に1店舗あり、海外では上海に3店舗、そして今年バンコクと香港にオープンしたそうです。
シェ・シバタ365
ホテルニッコー店では持ち帰りはもちろん、イートインもできます。メニューやロゴはすべての地域に共通ではなく、その地域にあった味や雰囲気にアレンジしているそう。

どんなメニューがあるの?

こちらが日本人に人気のメニュー。

ストロベリーショートケーキ 155バーツ(約549円)

これぞ王道ケーキ!イチゴのショートケーキです。これ、ほんと美味しい。さっぱりとしたイチゴの酸味とバニラクリームの甘みが絶妙なバランス。子どもからお年寄りまで愛される味です。

チョコレートシグネチャー 265バーツ(約938円)

チョコレート好きな方に絶対おすすめなのがこちら、チョコレートシグネチャー。濃厚なチョコレートムースの下にはピスタチオクリームとラズベリージャムが入っていて、濃厚な甘さとほのかな酸味を楽しめます。上に乗ったゴールドのブランドロゴと羽根はチョコレートでできていて、もちろん食べられます♪

モンブラン 240バーツ(約850円)

私が特に気に入ったのがこのモンブラン! 口当たりのいいマロンクリームがふんだんに使われています。タイでこんな濃厚な栗の甘さを楽しめる機会なんてなかなかありません。中のホイップクリームもふんわり軽めで絶妙な味~!!

オーガニックライスティ 165バーツ(約584円)

ほんのり甘い香りのライスティを頼みました。かわいいガラスのポットに入っていて、小さなランプも付いているのでずっとあたたかいまま味わうことができます。1ポットでシェアできるのがうれしいです。

チョコレートバナナ 165バーツ(約584円)

こちらはバナナとチョコレートのケーキ。チョコレートのスポンジケーキとバナナクリームが層になっていて、まわりのパリパリチョコも美味しい。バナナ好きの方におすすめの味です。
他にも美味しそうなケーキがたくさんショーケースに並んでいました。

ホールケーキの注文もできるそうなので、誕生日などにお願いしてみてはいかがでしょうか。

Chez Shibata(シェ・シバタ) 店舗情報

場所: ホテルニッコーバンコク内ギンザトンロー3階
営業時間: 11:00~21:00
定休日: なし
公式ホームページはこちら
公式Instagramはこちら
公式Facebookはこちら
Google Mapはこちら

SABU YAKINIKU (さぶ焼肉)

SABU YAKINIKU (さぶ焼肉)ってどんなお店?


Ginza Thonglor 3階にある SABU YAKINIKU (さぶ焼肉) 。東京の神田が本店の焼肉店で、海外初出店がこちらのホテルニッコー店です。肉の品質にこだわりがあり、山形県から尾花沢雪降り和牛のA5雌牛のみを仕入れています。また調理の段階で味付けをしてあるので、何も付けずにそのまま美味しく食べられるのが売りなのだそうです。

どんなメニューがあるの?

和牛すき焼き 700バーツ(約2479円)

まずいただいたのはA5和牛のすき焼きです。大きい~!タレで隠れてしまってますが、サシがきめ細かい!既にタレで味付けされてるので卵だけ付けていただきまーす。

甘めのタレが効いてて美味しい。やわらかな肉質でとろけるような食感です。

和牛焼きしゃぶ 700バーツ(約2479円)

こちらは焼きしゃぶ。サッと軽めに片面焼いて頬張ると、ふんわりとやわらかい肉質に大根おろしが効いています。

三ちゃん特製 ジャージャー麺 250バーツ(約885円)

こちらはジャージャー麺。しっかり混ぜていただくと… たまらなく美味しい〜〜!!

こってり胡麻油が効いてて、濃厚!麺がもちもち!! A5和牛の肉味噌が濃厚。 ちょっと辛味が効いてて、卵とからまってかなり好みの味です!! ランチメニューもあるそうなので、こんどまた食べに来たい!!

上カルビ 塩 680バーツ(約2408円)

カルビのサシも美しい。山形県尾花沢という豪雪地帯で育っているので、こんなきめ細かいサシが入るのだそう。しっかり肉厚でやわらかい肉の旨味を楽しめました。

SABU YAKINIKU 店舗情報

場所: ホテルニッコーバンコク内ギンザトンロー3階
営業時間: 11:00~14:30
定休日: なし
公式ホームページはこちら
公式Instagramはこちら
公式Facebookはこちら
Google Mapはこちら

Wine & Kushikatsu Ishimoto (ワイン&串かつ いし本)

Wine & Kushikatsu Ishimoto (ワイン&串かつ いし本)ってどんなお店?


同じく3階にある「いし本」は、日本で30年間創作串かつとイタリアンで修業したシェフ監修のもと、 2016年にタニヤ本店を開業しました。タニヤ店は和食が中心ですが、ホテルニッコー店は国籍問わずワインに合う料理を提供してます。

※写真提供: Wine & Kushikatsu Ishimoto

店内は個室、テーブル席、カウンター席などどこも落ち着いた雰囲気で会食や特別な日にもおすすめです。

※写真提供: Wine & Kushikatsu Ishimoto

どんなメニューがあるの?

まずいただいたのが フランス産のキャビア。キラッキラにかがやいてます!!しかもプロモーション価格で半額以下ってすごい!

フランス産まるごとキャビア10g 2000バーツ(約7084円)→プロモーション価格 770バーツ(約2727円)

ちなみにキャビアはステンレスに反応して味が変わってしまうので、貝のスプーンを使うそうです(知らなかったー!)


卵やレッドオニオン、サワークリームなどを添えていただきます。つぶつぶの食感と海の香り。ワインが飲みたくなる味~!!

ホワイトマッシュルームスープ 180バーツ(約636円)

ホワイトマッシュルームスープは一口すくうと、あぁ、いい香り! たまねぎと生クリームを使って丁寧に裏ごしした舌触りのいい食感。しかもこの黒トリュフ、いまオープニングプロモーションでトッピング無料なんです!すごい。贅沢にたくさん乗せてくれていていい香りを堪能させていただきました!

ハンガリー産フォアグラの串かつ  通常220バーツ(約779円)→プロモーション価格80バーツ(約283円)

いし本自慢のフォアグラの串かつです。衣が薄めでサクッと揚がってます。フォアグラがとろっとろ!! あつあつのズッキーニととっても相性がいいです。プロモーション価格で80バーツなんて信じられない!

北海道産うにの濃厚パスタ 560バーツ(約1982円)

こちらは うにを贅沢に使った濃厚パスタです! これ、麺類大好きうに大好きな私としてはたまらない味!! パスタはもちもち、オレンジ色でつやつやした卵黄と濃厚なうにがからまって最高のハーモニーを奏でてます~! これ、ランチで出してくれないかなー??

使っているうには「浜中 小川の緑箱」という高級品種だそう。臭みはまったくなく、濃厚でクリーミーな旨味を堪能できました。

フランス産直送チーズと イタリア産ハモンセラーノの盛り合わせ 520バーツ(約1840円)

左上からブルーチーズ、カマンベール、マンゴーのチーズ、トリュフのハードチーズ、トリュフのサラミ、イタリア産ハモンセラーノ、ドライフルーツです。私は特にマンゴーのチーズが好きでした!デザートになるような甘みとマンゴーの果肉がマッチしてて他ではなかなか食べたことのない味で感動しました。チーズはどれもフランスから直送だそうです。

プロモーションがお得!

オープニングプロモーションがお得です! 先ほど紹介したキャビア、黒トリュフ、フォアグラの他にはシャンパンがグラスで300バーツなど。 7月末までの期間限定なのでぜひ行ってみてください。

アラカルトの他には4つのコースメニューがあります。

  • おまかせコース 生野菜、ソース 100バーツ+1串平均120バーツ
    その日入荷した新鮮素材をストップかけるまで何本でもいただけます。
  • お手軽コース(生野菜、串10本 ) 1000バーツ++
  • プレミアムコース 2800バーツ++
  • お子様コース(12歳までのお子様限定。串7本、ごはん、フルーツ) 400バーツ++

ワインを売りにしているだけあって、ぴったりのメニューばかりの「ワイン&串かつ いし本」。ワイン片手に創作串かつなんておしゃれですねー!串かつだけでなくどのメニューも味のレベルが本当に高くてオススメです。ディナーや会食にぜひ利用してみてください♪

Wine & Kushikatsu Ishimoto (ワイン&串かつ いし本) 店舗情報

場所: ホテルニッコーバンコク内ギンザトンロー3階
営業時間: 17:00~23:00
定休日: なし
公式Instagramはこちら
公式Facebookはこちら
Google Mapはこちら

เอม ไทยคูซีน (Aimm Thai Cuisine)

เอม ไทยคูซีน (Aimm Thai Cuisine) ってどんなお店?

Aimm(エイム)は、ギンザトンロー3階にあるタイ料理レストランです。自社農場で栽培した無農薬野菜を使っていて、美味しくて安全な食材にこだわりがあります。元々はトンローソイ15の J Avenue やエカマイのパークレーンの中にありましたが、こちらが3店舗目。

ちなみに隣の店舗である金しゃぶ(KIN Shabu)と同じオーナーなのだそう。

店内はトンロー通りに面した大きな窓があり、明るい雰囲気です。

どんなメニューがあるの?

コームーヤーン 140バーツ(約495円)

豚ののど肉の炙り焼きです。 ふんわりやわらかな肉質で脂がしっかりのってて美味しいー♪

タイ和牛のグリーンカレー  280バーツ(約991円)

生のココナッツミルクを使用しているグリーンカレーです。本格的な辛さ!けど美味しい!

タイ和牛のガパオ  220バーツ(約779円)

こちらのガパオはやわらかな和牛の旨味がしっかりソースと絡まっていい味してます。

海老のバジルライス 220バーツ(約779円)

こちらはチャーハンのような炒めたご飯です。プリっと新鮮なエビがごろごろ入ってます。けっこう辛いけど美味しい! 添えてあるのはサクサクに揚げた卵焼きです。

プーパッポンカリー  350バーツ(約1239円)

こちらは旅行者に人気のメニューの1つ、プーパッポンカリー(蟹のカレー炒め)。甘めの味付けで卵とよく合ってます。中にはビックリするほど大きな蟹が殻ごと入ってました。肉厚で美味しい!

川海老のパッタイ  250バーツ(約885円)

こちらはもう1つの旅行者に人気のメニュー、川海老のパッタイです。こんな大きなエビ、なかなか食べられません! やわらかくて身の締まった海老で、味噌もついていてとっても新鮮。パッタイの味もマイルドで美味しかったです。
Aimm はきれいで高級な雰囲気のレストランですが、お値段は1品200バーツ前後と全体的にお手頃で、しかも味は本格派。タイ料理を楽しみたい旅行者にも、在住者にも安心しておすすめできるお店だと思います。

เอม ไทยคูซีน (Aimm Thai Cuisine) 店舗情報

場所: ホテルニッコーバンコク内ギンザトンロー3階
営業時間: 11:00~22:00
定休日: なし
公式Instagramはこちら
Google Mapはこちら

キャバレーもオープン!

3階を歩いているとこんなお店がありました。

キャバレー(ニューハーフショー)がオープンしてます! DANG2 (ダンダン)というキャバレーは、もともとアソーク駅のスクンビットプラザ周辺にあって人気だったのが今年5月にホテルニッコーバンコク内に移転したのだそう。
私は子どもが生まれてから夜外出する機会がめっきり減ってしまったのですが、本帰国までに1度はこういうところで夜遊びしてみたいな〜!

DANG2店舗情報

場所: ホテルニッコーバンコク内ギンザトンロー3階
ショータイム: 1st 21:00~、2nd 22:30
公式ホームページはこちら(日本語表記)

まとめ

トンロー駅すぐ近くにオープンした Hotel Nikko Bangkok (ホテルニッコーバンコク)。2〜3階部分にオープンした “ Ginza Thonglor (銀座トンロー) ”の飲食店についてまとめてみました。どれも本当に美味しくてオススメなお店ばかりなので、ぜひ行ってみてください!

他にこんなお店もあります

以前ご紹介した「飲めるハンバーグ」で話題の将泰庵も、ギンザトンロー3階にあります。

飲めるハンバーグが話題の将泰庵、夜のコースもすごい!@トンロー(PR)
ホテル日航バンコク内「飲めるハンバーグ」で人気の将泰庵(しょうたいあん)。メニュー、トンロー駅からの行き方

 

コメント