レッツリラックス温泉&スパ@トンローで身体の芯から癒された!

@トンロー

タイ在住者の中は、自宅に湯船がない、あるいは暑いからシャワーだけで済ませているという方も多いのでは。かくいう私もその1人なのですが、ときどき日本の温泉が恋しくなるんですよね!
広い湯船で思いっきり手足を伸ばしたい。熱っっつい湯船につかって「ふぅ~~~極楽ゴクラク…」ってやりたい!
そんな時、私が重宝しているのがトンローにある「Let’s Relax Onsen and Spa(レッツリラックス温泉&スパ)」です。
オープン当初から何度も利用していますが、いつ行っても清潔で落ち着くお気に入りの温泉です。
今回、ありがたいことにご招待いただいたので改めて紹介します。

15%OFFになるお得な予約方法もご紹介します!

レッツ リラックスってどんなお店?

Let’s Relax (レッツ リラックス)はタイ国内で27店舗を経営する有名なスパ・マッサージ店。創業は1998年で、今年20周年を迎えました。現在ではカンボジアや中国など海外にも展開し、タイ国内にもチェンマイ、パタヤ、プーケット、フアヒン、サムイ、クラビ等多数の店舗がありますが、温泉のある施設はここバンコク・トンロー店だけです。

行き方、場所、地図

「レッツリラックス温泉&スパ」がある場所は、トンローソイ8と10の間。徒歩だと少し時間がかかるので、バイタクやタクシーの利用をオススメします。
トンロー駅3番出口を出て、トンロー通り(スクンビットソイ55)周辺でタクシーかバイタクに乗車。トンロー通りを北上し、3分くらいでトンローソイ8と10の間にあるホテル「Grande Centre Point(グランデセンターポイントホテル)」が右手に見えてきます。(地図など詳細は末尾のGoogle Mapをご確認下さい)

ちなみに「グランデセンターポイント」は隣り合わせに2つあります。手前のこちらはサービスアパートメントなので、間違えないようにご注意を!(←初めて来た時間違えちゃったw)

奥のこちらが、温泉のあるホテルです。

ホテル内の様子。

ホテルロビーから奥に進み、エレベーターで5階に上がると温泉があります。
2016年11月にオープンしたばかりで新しく清潔感のある店内。ホテル内にありながら1800平方メートルもの広いスペースがあるというから驚きです!

利用料金、15%OFFにする方法

まずはカウンターで支払いします。

温泉・岩盤浴の利用料 650バーツ(約2145円)

こちらにバスタオル、フェイスタオル、館内着(甚兵衛)のレンタルが含まれます。

今回は温泉+オイルマッサージをお願いしました。

Warm Oil Massage 60分 1600バーツ(約5280円)

マッサージは他にも全身タイマッサージ、フットマッサージ等メニューが多数あります。

ちなみに公式HP上で事前予約すると「15%OFF」になります!(2018年9月末まで)

こういったプロモーションは随時開催中だそうなので、こちらの公式ホームページより事前に予約して、お得に利用してみてください。

Let's Relax Spa : Thonglor
Escape to a blissful environment inspired by the traditional Japanese Onsen bathing at Let’s Relax Onsen and Spa

温泉に入ってみた!

まずはウェルカムドリンクをいただきました。パンダンリーフティーです。

ほんのり甘くて美味しい。ビタミンやアミノ酸が豊富で美肌効果が期待できるそうです(ウェルカムドリンクは温泉+マッサージを利用した方へのサービスです)

館内用の草履に履き替え、タオルや甚平を受け取り、いざ温泉へ!

写真:温泉内は写真撮影NG。公式サイトからお借りしました

お風呂の種類としては、下記4つの温泉と冷水風呂、2つのサウナ(ドライ、ミスト)があります

  • 下呂温泉:日本名泉の1つ、下呂温泉の成分をもつ42度のお湯が全身の疲れを癒します。
  • シルク風呂:天然酸素が作り出す細かな乳白色の極小バブルが保湿・美肌効果を生み出します。
  • マッサージ風呂(ワールプール):水圧によるボディマッサージを36.5度前後という心地よい温度で楽しめます。
  • 炭酸風呂(ソーダ風呂):炭酸でできた濃密泡が血行を促進。日頃の疲れを取り体のバランスを戻します。

ふぅ~~~極楽ゴクラク…!! ここは日本かな?と錯覚する快適さ。館内は新しくて清潔で、落ち着いた雰囲気です。広い湯船で思いっきり手足を伸ばし、気持ちよく過ごせます。

温泉の温度は36.5~42度とぬるめから熱めまでバラエティ豊か。私は熱いお湯が苦手なので、ありがたい温度設定です。熱すぎるお湯だとすぐのぼせちゃうんですよ。これくらいの温度だと熱めの下呂温泉に入ってから徐々にぬるめに移動し、また熱めに戻る(時々サウナ)…と長時間お風呂を楽しめます♪

ちなみに、お風呂場内のアメニティとしてはシャンプー、コンディショナー、ボディソープがありました。脱衣所にはドライヤー、髪ゴム、綿棒、コットン、ティッシュ、使い捨てヘアブラシ、ボディクリーム、ハンドソープがあります。(メイク落としや化粧水はないので、必要な方は要持参です)

施設内各所に無料の飲料水があるのもうれしいポイント。ペットボトルを持ち運ばなくても、冷たいウォーターサーバーだったり、レモン入りだったり、美味しい水が飲めます。

マッサージを体験してみた!

予約時間になったので、オイルマッサージへ。スタッフさんの案内にしたがって、まずは好みのオイルを選びます。

オイルの種類は6種類(グリーンティー、ラベンダー、サイアミーズブレンド、リラックス、スイートブルーム、レモングラス)ありました。
実際に香りを確認できるのですが、どれもいい香りで選べない(笑)迷った結果、今回は「スイートブルーム」にしました。ふんわり甘めのお花の香り。

館内は広いので、タイマッサージとオイルマッサージとスペースが分かれています。こちらはタイマッサージ用の部屋。

こちらが今回利用するオイルマッサージ用の部屋です。
どちらも落ち着いた雰囲気でリラックスできそう!

手触りのいいガウンに着替え、マッサージしてもらいました。ふんわりと優しい香りのオイルに全身包まれて受けるハンドタッチのマッサージ…天国かなここは…?? 温泉でしっかりあたたまった後なので何十倍も効果がありそうです。

マッサージ師さんの施術はとても丁寧でハイクオリティ。身体の隅々までほぐれました~!!

あとで気付いたのですが、ベッドが徐々にあたたかくなっていたんですよね。お風呂上りの体が冷えることなくずっとぽかぽか。芯からあたたまってほぐされました。日頃の疲れがすっかり取れました~。

施術後、フロントに戻ってカオニャオマムアンをいただきました。とろっと完熟で美味しい。
こういうさりげないサービスをいただくとなんだか嬉しくなります。(施術後のフルーツは温泉+マッサージを利用した方へのサービスです)

岩盤浴、リラックスルームの様子

施設内の利用に時間制限はないので、ゆっくり過ごすことができます。

こちらはリラックスルームです。お風呂上りにのんびり畳で過ごすなんて、至福の時。

ありがたいことに全館WiFi完備なので、ここでゴロゴロしながらスマホいじったりもできます。

また、岩盤浴もおすすめです! 40度前後にあたためられた岩盤の上でゴロゴロ。じーっくり時間をかけて寝そべっていると、身体の芯からあたたまるのを感じます。じわじわと気持ちいい汗が。
ちなみに岩盤はヒマラヤ山脈の岩塩を使っていて、84種類ものミネラルを含んでいるのでデトックス効果が期待できるそうです。
岩盤浴で表、裏、表…とひっくり返ってると自分が焼き魚になった気分になります(笑)

他にもクールダウンルームも。12~15度と低めの温度設定なので、汗が引いた状態まで身体の熱を下げることができます。

スパグッツが豊富!お土産にもおすすめ

フロント周辺ではスパグッツを販売しています。お土産にもなりそうなかわいいグッズがたくさんあったので、いくつかご紹介しますね。

特に目を引いたのがこのハンドクリーム!タイ各地の地名をテーマにしてそれぞれ違うデザインと香りを楽しめます。

Thailand’s Spa Journey 290バーツ(約957円)

4個セット 1000バーツ(3300円)

種類はチェンマイ、フアヒン、パタヤ、クラビ、プーケット等。すべてLet’s relaxの支店がある地名だそうです。

インセンス(お香) 150バーツ(約495円)

パックにたくさん入って150バーツなのでお得♪ 種類は様々ですが、どれもアジアを感じさせるいい香り。好みを探すのも楽しいです。

あ、これサクさんが前におすすめしてたオイルだ♪

「Blooming」ブランドのクーリングオイル 450バーツ(約1485円)

このクーリングオイルは肩こりとかに効くそうで、シトラスの香りが爽やか。きつすぎなくていい香りでリフレッシュできそうです。

他にもアロマオイルやハーバルボール、バスソルト、アロマキャンドル等いろいろなスパグッズがあるので、ぜひお気に入りのものを探してみて下さい。

また館内で使っているボディーソープ等のアメニティが気に入ったらここで購入することもできます。Let’s relaxのオリジナルブランド「Blooming」のものも多数あるそうです。

軽食コーナーもあります

時間制限なしで館内で過ごせるのはありがたいのですが、だんだんお腹が空いてきますよね。うれしいことに食事ができるスペースもあります!

定食メニューはこんな感じです。

トンロー界隈のホテル内で200バーツで和食を食べられるのはけっこうお得です。
フードメニューはすべてホテル内で作られているそうで、安心のクオリティ。実際にチキン照り焼き丼をいただきましたが、甘すぎないタレで美味しかったです!

定食以外にサンドイッチ(100バーツ~)等もありました。温泉やマッサージのあと、小腹が空いたときに重宝しそうです。

何時頃が空いてるの?

せっかくの温泉ですから、空いている時間にのびのびと利用したいもの。何曜日の何時頃が空いているのかスタッフさんに確認してみたところ、平日昼間(10~12時)、平日夜(21時過ぎ)、土日の午後早め(13時~17時)などが空いていてオススメだそうです。次回はこの時間帯を狙って来たいと思います!

まとめ

温泉も岩盤浴もマッサージも、大満足なレッツリラックス温泉アンドスパをご紹介しました。

私は日本の温泉やスパが大好きで、東京でガツガツ働いてた頃はラクーアや万葉の湯、庭の湯、タイムズスパ、今は無き瀬田温泉などなど、毎月のように通ってました。レッツリラックス温泉はこういった日本の温泉やスパと同じクオリティを日本より安い値段で堪能できます。
館内はキレイでサービス丁寧だし、温泉だけでなく岩盤浴やタイマッサージなど複合的に楽しめるのがうれしい!

マッサージ利用するときは、オンラインで事前予約して割引されるのをお忘れなく! 広い温泉でのびのび過ごして、マッサージで身体の芯からほぐされてみてください♪

店舗情報

Let’s Relax Onsen and Spa Thonglor(レッツリラックス温泉アンドスパ トンロー店)

住所: Grande Centre Point Hotel 300 ซอย สุขุมวิท 55 ถนน สุขุมวิท Khwaeng Khlong Tan Nuea Khet Watthana กรุงเทพมหานคร 10110 タイ
営業時間: 10時〜24時
定休日: なし
公式ホームページはこちら
Google Mapはこちら
※7歳未満の子どもは入場不可
※FREE Wi-Fi 有り

コメント