タイ料理レストランCeladon(セラドン)@スコータイバンコクホテル(PR)

@シーロム周辺

先日、スコータイバンコクホテルのチョコレートビュッフェ一軒家スパBotanicaをご紹介しましたが、同じホテル内にあるタイ料理レストランをご紹介します。味が良いのはもちろんのこと、タイ舞踊ショーが毎晩上演される雰囲気のいいレストランです!

どんなレストラン?

Celadon(セラドン)はスコータイバンコクホテル内にあるタイ料理レストランです。

このレストランの特徴は、タイの伝統的な味付けを忠実に守ったメニューを提供していること。セラドンのメニューはタイ人にとっても珍しいような、お正月に食べるような伝統的で華やかなメニューが多いそうです。外国人向けにアレンジした味ではありませんが、どれも食べやすく美味しいと評判。ランチも夜も営業しています。
またタイ舞踊のショーを毎晩開催しているので、在住者はもちろん旅行者にも喜ばれる雰囲気のレストランです。

行き方、場所、地図

まずはスコータイバンコクホテルの中にあるセラドンへのアクセスを紹介します。
スクンビット界隈からだとアソーク駅でMRTに乗り換え、フアランポーン方面に乗って3駅目。MRTルンピニー駅 2番出口(サトーン通り方面)から徒歩7分程度です。地図など詳細は末尾のGoogle Mapをご確認下さい。

サトーン通りに沿ってしばらく歩くと、左手にスコータイバンコクの入口が見えます。

右手に蓮の池のある歩道をまっすぐ、突き当たりまで進みます。

途中、右手に見えるのが目的地のレストラン「セラドン」です。ホテルとは独立した離れで、蓮の池の中に浮かんでいるような美しい建物です。

この案内板まで来たら右折します。

レストラン「セラドン」の入口が見えてきました。

店内はこんな感じ。大きな部屋がいくつかあり、天井が高く広々としています。

どんなメニューがあるの?

蓮の池が見える窓際の席で、まずはドリンクを。涼しげなグレープフルーツクーラーで乾杯♪ モクテルなのでノンアルコールです。

今回は特別に、食事の合間にシェフがテーブルまで来て料理の説明をしてくださいました!

サンワー グン ヤン バイ チャクラム 780バーツ(約2574円)

大きな車海老のグリルです。自家製の焼いたチリペースト、ココナッツミルク、ライム、ナンプラーを使っています。ぷりぷりの海老をカットして一口頬張ると、赤いフライドガーリックがサクサク! 甘辛いチリの風味が食欲をそそります。

下に添えられているのはエシャロットと「シーバイト」の葉。
「シーバイト(sea bite)」とはチャクラムとも呼ばれ、タイの珍しい野菜だそうです。

こちらが生のチャクラム。試しにを食べさせてもらいましたが、海藻のようなやや塩気のある味です。海の近くで採れるため、ミネラルがふんだんに含まれているとのこと。タイ料理ではオムレツやゲーンソム(オレンジ色の魚のカレー)によく合うそうです。

ペットー ナハンクロップ ソース マクハム 580バーツ(約1914円)

揚げた鴨のタマリンドソースがけです。まわりの皮はカリカリ、切るとジューシーな鴨肉です。
ペッチャブリー産のタリマンドを使ったソースは甘じょっぱく、ご飯が進む〜!!
ちなみにご飯は白米(ジャスミンライス)か黒米(ライスベリー)をお好みでサーブしてもらえます。タイ料理は濃い目の味付けなので、ソースをご飯にかけて一緒に食べるのがおすすめです。

プラー カポンモック サムンプライ 980バーツ(約3234円)

シーバス焼きのタイハーブ添え。こちらは比較的穏やかな味付けです。シーバスは臭みもなく、ふんわりやわらかな肉質。彩り鮮やかなタイハーブが香りを添えて食欲をそそります。後ほど紹介する、店内にある自家製農園で採れるオーガニックハーブを使っているそうです。

トムソム プラヒマー 650バーツ(約2145円)

白身魚のスパイシースープ。ローストしたエシャロット、ジンジャー、ネギを使ったスープです。身体によさそう! 生姜のパンチの効いたスープは深みがあって、やわらかな脂がのった白身魚によく合ってます。

一品一品のボリュームもあり、満足感大。既にもうお腹いっぱいなんですが、せっかくだから最後にデザートを!

カオマオ トー アイスクリーム カティ 350バーツ(約1161円)

お米で包んだ揚げバナナ、ココナッツアイス添え。

「カオマオ」というのは、お米をまだ若く緑色のうちに収穫して潰したもの。揚げているので周りはサクサク、中はもちもちしっとりしています。油で揚げていますがあぶらっぽさはなく、バナナの甘さが引き出されていて、美味しい。

タイのバナナは様々な種類がありますが、こちらは「クルアイカイ」という小さく栄養豊富なバナナを使っています。ココナツミルクのアイスのさっぱり感もちょうどいい!

カオニャオ マムアン 420バーツ(約1386円)

こちらはタイといえば! マンゴーのもち米添えです。とろっとしたマンゴーの甘みが甘いカオニャオ(もち米)によく合います。
ナムドークマイ種のマンゴーを使っています。タイ産マンゴーはいろんな種類があって私もいろいろ試しましたが、やっぱりナムドークマイ種が1番美味しいなぁ。一周回って基本に戻ってきた感じ(笑)

タイの伝統舞踊のショーを毎晩開催!

セラドンの売りの1つは料理の美味しさですが、もう1つはタイの伝統舞踊のショーが見られること! 毎晩2回(19:30~、20:30~)開催しているそうですよ。

部屋の一画がステージになっていて、食事をしながら目の前で見ることができました。

タイの伝統舞踊なんて、久しぶりに見たなぁ~。タイに住んでると意外と見る機会がないですよね。衣装がきれいだし、しぐさが指先まできれいだし、見るたびに感動します…!!
セラドンのあるルンピニー駅周辺はオフィスも多いので、アテンドでお客さんを連れてくると喜ばれそうですね♪

庭園も見学できる!

ちなみに、料理の合間に店内奥にあるのオーガニック庭園を見学することもできます。今回は特別にシェフ自ら案内してくれました!

マナオ。タイのライムです。料理にも、ドリンクにも欠かせない存在。

バイ・チャプルー。見覚えあるなぁと思ったらミエンカムの材料として出てくる葉っぱでした。ミエンカム大好きな私としては見られてうれしい♪

マワク・プワン。よくグリーンカレー等に入っている、小さい丸茄子です。

他にもイーラ、カイエンペッパー、ホーリーバジル、ケー、ホワイトホットバジル、バイ・マックルー、メンラック等など… タイならではの野菜を多数育て、実際にレストランの料理にも使用しているそうです。

こちらの庭園はレストランで食事をする方は見学できるそうなので、タイの野菜に興味がある方はぜひスタッフさんに声を掛けてみてくださいね。

まとめ

スコータイバンコクホテルのタイ料理レストラン「セラドン」。伝統的な味付けの料理は種類も豊富で美味しかったです!
店内の雰囲気もいいし、タイ伝統舞踊のショーも見られるし、タイ在住者はもちろん、タイ旅行に来た方のアテンドにもおすすめしたいレストランです。

店舗情報

Celadon(セラドン)
住所: 13/3 S Sathorn Rd, Khwaeng Thung Maha Mek, Khet Sathon, Krung Thep Maha Nakhon 10120
営業時間: 昼12〜15時(L.O.14時)、夜18〜23時(L.O.22時)
定休日: なし
公式ホームページはこちら
Google Mapはこちら

コメント