【防水耐衝撃カメラ】Nikon COOLPIX W150がすごい!子ども用にも旅行にもおすすめ

Nikon COOLPIX W150 これは良かった!を叫びたい

今回の子どものクリスマスプレゼントはデジカメにしました。
子ども用のコンデジとはいってもNikon製だし、防水なのでプールや海の中でも撮れちゃうし、落としても壊れにくい。実際に水中で撮ってみたら画質もかなり良くて、大人が使っても満足の性能だったので紹介してみます!

Nikon COOLPIX W150※まるでNikonのPRみたいですがそうではないですー!単純に買ってよかった物を声を大にして叫びたいだけ。

出会いはツイッターだった

ある日ツイッターを眺めてたら、かわいいカメラの写真が流れてきました。しかも防水・防塵・耐衝撃機能付き。なんだそれ、そんな便利なカメラがあるの!?

きょん
きょん

なにそれ欲しいー!

というのも、最近うちの子(ハイパー元気5歳児)が仮面ライダーゼロワンやリュウソウジャー等いわゆる「戦隊モノ」にどハマりしてるのですが「好きなものは写真に撮って残す」クセがついてるんですよね。(さすがカメラ沼住人の子)
今のところ、夫からお下がりでもらった古いiPadのカメラ機能で「カッコいい!」と思った瞬間に撮ってるようなんですが、これが撮る撮る。iPadのアルバムが戦隊モノの写真や動画で埋め尽くされてます。
そして戦隊モノだけじゃなく自分で描いた絵とか、食べかけのヨーグルトが美味しかったから撮ってみたとか、子どもに向けられた夫の表情とか、日常の写真を見てみるとけっこう良くて。けしてまだ上手くはないんですが、大人とは違う視点の写真は味があって。「いつかこの子にちゃんとしたカメラ買ってあげたいなぁ」とぼんやり思ってた所に出会ったのがこのカメラでした。

子どもにも安心な機能満載!

調べてみたらNikon COOLPIX W150というコンデジ(コンパクトデジカメ)のようです。
※ツイートで見かけたのはW100でしたが、2019年8月に後継機となるW150が発売されました。
Amazonで試しに調べてみると子どもが使っても大丈夫そうな機能がいろいろついてます。

Nikon COOLPIXW150 機能説明

※商品写真:すべてAmazonや公式商品ページより

きょん
きょん

「耐衝撃 1.8m 落としても大丈夫!」って何それすごい。

しかもカバーなしでそのまま海やプールに入っても大丈夫ってどういうこと!?「電化製品水没=即死亡」が脳に叩きこまれてる私としては、にわかには信じられません!

くわしくはこちら↓

基本スペックはこんな感じ。メーカーはNikonだし、カメラの性能としては申し分ない(いやむしろコンデジとしてはハイスペック)だと思います。

画素数1417万画素(総画素)/1317万画素(有効画素)
光学ズーム3倍
撮影感度ISO 125から1600
撮影枚数220枚
防水○ 水深10mまで
耐衝撃○ 1.8m
耐寒○ -10℃まで
防塵
動画撮影
画像自動転送○ 無料アプリ「SnapBridge」を使ってスマホやタブレット等に画像を転送できる

「1万円ちょっとのコンデジ(しかも動画も撮れるし水中でも撮れるし壊れにくい)」ってすごくないですか!?

きょん
きょん

私が使いたいわ!!

↑ 本音が漏れてる

気になるお値段は?

気になるお値段は、私が調べた当時は1万5000円くらい。クリスマス直前には少し値上がりしてましたが、今のところ1万6000円前後で推移しているようです。※こちらの価格.comのページで価格推移グラフが見られます。もう少し時間経ったら値段下がりそうな気もしますね。

正直子どものクリスマスプレゼントの予算としてはちょっとお高めでしたが、おもちゃと違って長く使えそうだし、

きょん
きょん

ただ消費するキャラモノのおもちゃより、クリエイティブなおもちゃの方が子どもの成長に良くない?

という夫をくすぐるプレゼンをしてみた結果、購入決定ー!!  ← ただの水中カメラが欲しい策士

実際、iPadやスマホを壊してしまったら被害甚大なので、子ども用に壊れにくいカメラを買っておくのはいい選択だと思ってます◎

カラーバリエーションはブルー、リゾート、ホワイト、フラワー(数量限定)の4種類から選べてどれもかわいいー! つるんとした丸っこいフォルムがいいですよね。
Nikon CoolPIX カラーバリエーション
青が気にいるかな?と子どもに選ばせてみたら「この鳥さんのついたカラフルなのがいい!」と。というわけで色はリゾートに決定!あとはクリスマスを待つばかり。
※ちなみにタイでは買えなそうだったので、タイに遊びに来たサンタさん(の親戚)に輸送してもらいました。笑

クリスマスの朝、発見して大喜び!

朝起きてカメラを発見したときの様子。大喜び&大興奮でした!

きょん
きょん

持ち方教えなくても、意外とちゃんと持って撮れるんだなぁ

レンズがちゃんと小さい子どもの手でもかぶりにくい位置になっているようです。

水中の動画がすごい!

水中の撮影してみたらコレがすごかった! これは実際の動画を見てください。先日ホテルでプールに入った時のものです。映像も音も水中とは思えないほどきれいに撮れてます。

防水カバーもなしにそのままプールに入って壊れないかドキドキしたのですが、まったく問題なし。使った後は水で洗って拭いて、乾いたタオルの上で乾燥させればOK。濡れてる時に電池パックを開けたりしなければ問題なく使えるようです。

きょん
きょん

これから水中写真も撮りまくるぞー!

↑自分も使う気満々

そして防塵性も高いらしいので、いつか子連れで砂漠とか行った時に使いたいな。新婚旅行で行ったモロッコのサハラ砂漠、いつか子どもと一緒に行きたい! 夢がふくらみます。

もちろん写真もしっかり撮れる

これはエラワン美術館に子を連れて行った時の写真です。これくらい撮れれば申し分ありません。
Nikon COOLPIXW150 撮影例
暗いと少しブレがちですが、ちゃんと構えて撮れば子どもでも問題なく撮れました。
Nikon COOLPIX W150 撮影例
「ちゃんとワキをしめて、指でカメラを支えて」って前に写真教室の先生に教わったことを子どもに伝授してる自分がいました。笑

画像転送アプリが便利

子どもはたくさん枚数撮るので、気になるのが写真の保存方法です。
Nikonの無料アプリ「Snap Bridge(スナップブリッジ)」を使えばスマホやタブレット等に画像を転送できます。撮ったその場ですぐスマホに取り込んで友達にシェアとかもできちゃいます!

Nikon COOLPIXW150 スナップブリッジ

※SnapBridge 公式サイト(早分かりガイド)はこちら

ちなみに写真管理は、

  1. SnapBridgeでスマホやタブレット等に取り込む
  2. Googleフォトで保存する(子ども用のアカウントを作っておくと便利)
  3. iPadの写真が増えてきたらGoogleフォト上で「空き容量を増やす」を選択し写真を消す

これだとカメラやiPadの容量を圧迫せず、データが消える心配もなく保存できます(Googleフォトに保存されてるので写真自体は消えません)

メニューをひらがな表示にもできる

メニュー画面をひらがな表示にも変更できるので、ひらがなの勉強にもなります。
Nikon COOLPIXW150 ひらがな表示
子どもでも分かる簡単な言葉で説明してくれますし、操作ボタンが普通のカメラより大きめなので子どもでも操作しやすい作りになっています。

他にも楽しい機能がいろいろ!

他にもビックリするほど多機能です! 正直うちはまだ使い切れてません!笑

  • 操作音もシャッター音も変えられる(ワンワン♪ ぴよぴよ♪ キラリーン! とかカワイイ音ばかり。楽しそうに選んで時々変えてます)
  • スタンプで写真をデコる(これだけでずっと遊んでられそう)
    Nikon COOLPIXW150 機能
  • 「場面を変える」でモード変更(夜景、アップ、観察写真、連写、鏡に写す、ビー玉に写す、ネオン風、マンガ風、ミニチュア風など18種類の多彩なモードがあります!)
  • フレーム付きで撮る(10種類の選べるフレームを付けて撮影できます。複数枚組み合わせるコラージュ機能もあり)

あえてのデメリットをあげるなら

カメラの性能としては申し分ないんですが、あえてデメリットは? 実際に数週間使ってみて気付いたデメリットを挙げてみます。

レンズに指紋が付きやすい

レンズ部分は穴が開いているわけではなく、フラットです。カバーもないし、子どもなのでグワシッ!とつかんで持ちがちです(今日もやってた)。よくレンズが指紋で曇ってしまい、そのまま撮るとかすんだ写真が撮れていることも…。
これは大人がこまめに拭いてあげたり、本人が使い方に慣れるしかありません。

Snap Bridge は日付指定できない(?)

これはもしかしたら私の使い方が間違ってるのかも知れないのですが…!
便利なアプリ Snap Bridge ですが、日付で絞り込んで「今日撮った分だけiPadに取り込む」とかがうまくできません。全選択 or 1つ1つポチポチ押して指定 しかできないんです。いろいろ試してみたけどよく分からず。
仕方ないので今の所は「全選択して取り込む→カメラから全部消す」というのを繰り返してます。取り込み終わったのも一部カメラに残せると、見直しやすくていいのですが。
とはいえアプリなので、今後のバージョンアップに期待したいと思います!

その他、考えてみたのですが大きなデメリットが見当たらない…!

  • 頑丈なカメラなので壊れにくくて安心
  • 子どもでも操作しやすい&楽しい
  • 水中や動画など撮れるものの幅が広がった
  • 出掛けた時に一緒に写真を楽しめるようになった

カメラ好きな私としては本当にうれしいポイントばかりです!

きょん
きょん

親子でハマろうカメラ沼!

ついでに買ったもの

最後に、ついでに買った周辺機器も紹介します。意外と「本体に付いてくるかと思ったらなかった」ものもあったので、買い忘れのないように!

カメラ本体

まずは本体です。これがなきゃ始まらない!

SDカード

SDカードはカメラに付いてこないので、買ってすぐ撮影したいなら一緒に注文しておいた方がいいです。(うちは忘れてて私の予備を使いました)だいたい容量16~32GB、読み込みスピード90MB/s 位で問題ないかと思います。

液晶保護フィルム

耐衝撃とはいえ、子どもが使うので心配になり後から液晶保護フィルムを追加購入しました。このフィルムはW150のサイズぴったり、そのまま水に入っても大丈夫!という優れものです。今はこんな便利なものがあるんですね!びっくり。

カメラカバー

こちらはあると安心のカメラカバー。本体に付いてくるのはストラップのみなので、カバーがあった方が安心です。色や素材はさまざまなのでお好みで。
カメラ本体のサイズは 約 109.5 × 67.0 × 38.0 mm なので、サイズに合うものであればなんでもOKだと思います。

うちはハードケースタイプのコレ↓にしました。まだ手元に届いてませんが、クリップも付いててカバンに付けられて便利そうです。

まとめ

以上、Nikon COOLPIX W150 を親子で一緒に使ってみてのレビューでした!
それなりに金額のする買い物ですが、値段以上の満足度の高いカメラで買ってよかった!と感じてます。

あと予想外だったんですが、防水や防塵機能がすごいカメラだと旅行に行きたくなりますね。タイのビーチやらモロッコの砂漠やら、いろいろ撮りに行きたいなぁ! 子連れ旅行、これからの楽しみが増えました♪