海鮮丼と鯛出汁茶漬けが一度に食べられる【海街丼】三軒茶屋

海街丼の海宝丼 三軒茶屋

三軒茶屋で海鮮丼ランチしてきました! 海鮮丼そのものはもちろん、最後に鯛出汁茶漬けが食べられて2度おいしい◎ 何度もリピートしたくなるお店だったので、さっそく紹介していきます。

海街丼の海宝丼

どんなお店?

三軒茶屋を本店とする「海街丼(うみまちどん)」という海鮮丼の専門店です。

海街丼とは

画像:公式ホームページより

店内の掲示やお店のホームページによれば、

千葉県銚子市の出身である代表取締役社長の黒田と、仲買いをやっている幼馴染が、「地元の新鮮なお魚を、より多くの方々に食べていただき喜んでもらいたい」そんな想いから、東京三軒茶屋に「海街丼」をスタートさせました。

とのことで、素敵な想いを持ったお店ですね。

あとホームページ見て気づいたんですが、三軒茶屋だけでなく香港にも支店があるんですね! しかも複数。海外の人にも人気ありそうだなあ。
他には渋谷にも店舗あるようです。

行き方、場所、地図

東急田園都市線 三軒茶屋駅 三茶パティオ口から徒歩3分程度。世田谷線やシアタートラムがある方の出口から出てすぐです。
Google Mapはこちら。

すぐ近くにあるカフェマメヒコがお気に入りで時々行くんですが、正直このお店は知らなかった! 卸売り市場の場外にありそうな、暖簾がかかったお店です。

店内の様子

まずは入口右手で食券を買います。

カウンターのみ、わずか5席のこじんまりしたお店。味があるわぁ。

どんなメニューがあるの?

メニューはこちら。

海宝丼(かいほうどん)並、上、特上、極上の他、鉄火丼やネギトロ丼などもありました。

画像:公式ホームページより

画像:公式ホームページより

迷いましたが、今回は海宝丼の特上を頼んでみました!

実食してみた!

料理がくるのを待ちながら、まずは食べ方をチェック。店内にこんな貼り紙がありました。

画像:公式ホームページより

ほうほう、わさび醤油→すし酢ジュレ→出汁茶漬けとな。
なんだかこだわりありそうなのに、最後に「あくまでオススメですので、お好みでお召し上がりください」と言ってくれる奥ゆかしさよ。 店員さんの接客も全体的におだやかで「◯◯しましょうか?」とそっと添えるような感じで居心地がよかったです。

と待ってるうちにきました、海宝丼の特上です! おいしそーーー!!!

ネタはマグロ、タコ、煮穴子、ホタテ、とり貝、ウニ、ずわい蟹、いくら。右手はつけあわせの小鉢、左手はすし酢ジュレです。

まずは一口頬張ってみると、ネタが新鮮で美味しい! 具材のサイズは小さめですが、惜しみなく盛ってくれてるのでしっかり食べ応えがあります。きゅうりや海苔、ネギのアクセントもあって飽きずに食べられますね。
ちなみにご飯大盛りでも同じお値段なので、ガッツリ食べたい方にうれしいサービスです。

すし酢ジュレは好みで追加できます。

海鮮丼で最初から酢飯じゃないのは意外だったんですが、けっこう好きかも!
私、いつもお寿司食べた後けっこうのどが渇くんですけど、海街丼の場合はお酢も醤油も自分で調節できるのがいいですね。

もう残り少ないな、というタイミングで丼ぶりを店員さんに渡すと鯛出汁をかけてもらえます。あつあつの鯛出汁のお茶漬け! これがすっごく美味しかったーー!コクのある鯛出汁は旨みがたっぷり。臭みはまったくありません。(見た目あまりお見せできるキレイさでなかったので写真なしですが)

ちなみにお茶漬けにするタイミングご飯やわさびの追加もできるそうです。助かる!

食べている間に何件もテイクアウトの注文が入ってました。持ち帰りでもお茶漬け用のスープを付けてくれるそうで、これもいいですね!

まとめ

海鮮丼の最後に鯛出汁茶漬けも食べられちゃう!、一石二鳥の「海街丼」の「海宝丼」。

こじんまりしたお店ですが「ご飯追加しましょうか?」など店員さんの声掛けもあたたかく、また来たいと思わせてくれる素敵なお店でした。何よりシメの出汁茶漬けが美味しい〜!!
ランチでも夜でも営業してるので、海鮮丼食べたくなったらぜひ行ってみてください!

店舗情報

海街丼 三軒茶屋本店
住所: 東京都世田谷区太子堂4丁目1−1
営業時間: 11:30〜15:00、17:30〜20:30
定休日: なし
公式ホームページはこちら
公式Instagramはこちら
Google Mapはこちら